%s %s`, ` For Events Resource details, see the resource representation page. Developers.IO | [iOS][Objective-C] Google Calendar API で予定を書き込んでみる, Developers.IO | [iOS][Objective-C] Google Calendar API で予定を書き込んでみる, 「API Manager」ダッシュボードが表示され、有効なAPIが確認できます。使用しないAPIは無効化しておいても良さそうです。, 「認証情報」の「OAth同意画面」で「ユーザーに表示するサービス名」を設定します。この設定がないとOAuth認証ができません。, 「クライアントIDの作成」画面でアプリケーションの種類「その他」を選択し、名前を入力。, クレデンシャルを取得します。「test-hanse」をクリック→ 「JSONをダウンロード」をクリックすると、json形式でダウンロードができます。, クレデンシャルをローカルに落としたら、サンプルコードに使用するために、「client_secret.json」にリネームしておきます。, quickstart.pyを実行すると、以下の出力がされます。同時に、開いているブラウザでアクセス要求画面が表示されます。このとき、自分の操作したいアカウントであるかどうかを確認してください。Chromeなどで複数アカウントを開いている場合は、直近に操作していたブラウザのアカウントにアクセスされるようです。, 「許可」をすると、このアカウントへのOAuth認証によるアクセスが可能となります。. Returns events on the specified calendar. What is going on with this article? Each resource type has one or more data representations and one or more methods. Why can’t today’s apps do that for you automatically? For Acl Resource details, see the resource representation page. Updates an access control rule. changes an event's organizer. Stop watching resources through this channel. Google Calendar API Copyright © 2006-2020 FIRSTSTEP All Rights Reserved. (7:14), Creating events is great, but even more powerful is the ability to modify existing events. ついでに、アプリとしての体を成すようにしていきます。, こんな関数を用意して、*calendar.Eventを文字列にするようにしました。, 重複した場合でも優先して残すべき条件がある場合は、map[string]([]*calendar.Event) のようにしておくと、後で処理がしやすいでしょう。, ここまでで srv.Events.List() を使ってきましたが、削除は srv.Events.Delete() を使います。, List() の場合と同様、Delete() で条件を指定して、最後に Do() を呼び出します。, ただし、これだけでは削除できません。 これです→ https://godoc.org/google.golang.org/api/calendar/v3#Events, ただ、属性値自体が struct だったりして、たどっていくとキリがありません。 まずは、これをもとにして、自分のカレンダーのイベントを一覧表示するところまでやってみます。, なにはともあれ、Google のサービスにプログラムからアクセスするための情報を取得します。 その際に必要になる認証キーがAPIキーです。, 今回取得する「GoogleカレンダーのAPIキー」が何のために必要かといいますと、例えば以下のページで無料配布しているカレンダープログラムの場合、初期状態のままでは祝日は赤字で表示されません。 持っていない方はこれを機に取得しておいても損はありません。, Googleアカウントの取得は以下からどうぞ。 だからキーの制限をする必要がないかもしれません。, もしこれがPHPファイルではなくJavaScriptファイルに記述する方式だったら、他人から見ることができてしまうことになりますので、「キーの制限」はしておくほうが無難ということになります。, 参考までに、このサイト上で無料配布しているカレンダープログラムに「祝日自動設定アドオン」を追加したサンプルを置いておきます。, この「祝日自動設定アドオン」を使用する際に、このページで解説したGoogleカレンダーAPIキーが必要になります。, 祝日を自動設定してあるカレンダーのサンプル Google Calendar API リファレンス, リファレンスを読んでpythonサンプルの動作確認をしてみます。 %s APIキーをコピーしておき、「キーを制限」をクリックして設定を終了します。, キーの制限を設定しておかないと、今回のAPIキーが外部に漏れた場合、第三者に自由に使われてしまいます。 Help us understand the problem. Analytics. Faster. This method supports patch semantics. Stay up-to-date on developing for Google Workspace, Ask questions with the google-calendar tag, Download a client library for your preferred language, Sign up for the Google Developers newsletter, URIs relative to https://www.googleapis.com/calendar/v3, unless otherwise noted. You can use the calendar provider to integrate with Calendar. Each resource type has one or more data representations and one or more methods. Acl CalendarList Calendars Channels Colors Events Freebusy Settings Acl For Acl Resource details, see the resource representation page. Returns the rules in the access control list for the calendar. Search the world's information, including webpages, images, videos and more. Updates an existing calendar on the user's calendar list. Google Search 7 Google Sheets API 3 Google Sign-In 12 Google Slides API 5 Google Summer of Code 1 Google Tag Manager 1 Google Trust Services 2 Google マップ 4 Google+ 2 Googleapps 10 GoogleGames 1 GoogleI/O 28 GoogleLabs 1 GooglePlay 3 GoogleTV 1 Gradle 1 gRPC 2 GTUG 5 GWT 2 hack4jp 2 hackathon 7 Hangouts Chat 2 Hosting 3 HTML5 17 HTML5Rocks 1 It doesn't have to be like that. アプリの用途を満たす最低限のスコープを指定するようにしてください。, なお、上記のコード変更で承認時に必要な情報が変わっています。 The field values you specify replace the existing values. Stay up-to-date on developing for Google Workspace, Ask questions with the google-calendar tag, Download a client library for your preferred language, Sign up for the Google Developers newsletter. For Calendars Resource details, see the resource representation page. 「名前」の欄は何でもOKです。自分がこの管理画面でわかるように適当に名付けておきましょう。, 「キーの制限」は多少重要です。 Build a better app and leave the operations to us. This method supports patch semantics. `, `cli:"start,s=DATE" help:"defaults to today"`, `cli:"items,n=NUMBER" default:"10" help:"the number of events from --start"`, `cli:"keys,k=LIST_OF_STRINGS" default:"Description,Summary,Start,End" help:"comman-separated keys to test uniquity of events"`, `cli:"calendar-id,id" default:"primary"`, `cli:"credentials,c=FILE_NAME" default:"./credentials.json" help:"your client configuration file from Google Developer Console"`, `cli:"token,t=FILE_NAME" default:"./token.json" help:"file path to read/write retrieved token"`, // 文字列で表現できないデフォルト値は *cmd.Init() の中で代入。gli が勝手に呼び出す。, `uniqal --credential=./my_credentials.json --items=100 --start=`, Qiita Jobsで転職すると、お祝い金30万円がもらえるキャンペーンを実施中!, https://developers.google.com/calendar/quickstart/go, https://godoc.org/google.golang.org/api/calendar/v3#EventsService, https://godoc.org/google.golang.org/api/calendar/v3#Events, https://godoc.org/google.golang.org/api/calendar/v3#pkg-constants, 複数の属性を連結できる形に加工したい (連結して単一のキーにすると重複チェックが楽), 反対に、「特定の属性値を持つイベントを抽出する」ことは不要なので、人間が入力する手間は考えなくて良い, you can read useful information later efficiently. 今までのトークンは使えませんので、ファイル token.json は削除し、再度承認をします。, サンプル quickstart.go の getTokenFromWeb() の実装を変更します。, これは非常に簡単で、外部のパッケージ github.com/pkg/browser を使うだけでした。, 承認ページのURLは変数 authURL に格納されていますので、それを引数に上記パッケージの関数を呼び出します。, 承認の流れで(OAuth2)、アクセスコードを含むリクエストを受け取るためのリダイレクトURLを指定することができます。, 今回はこの仕組みを使い、Google の承認ページからアプリがサーブするサイトにリダイレクトさせます。, 当然ながら、これだけでは動作しません。 This method supports patch semantics. 個人的には、自分の作った gli というパッケージが死ぬほど使いやすいので使っています。, ビルドした上で、自前の credentials.json を配置すれば使えるようになります。 APIを利用することで、他のWebアプリと機能を連携させることができるのです。 「APIとは何か?」がわからなくても問題ありません。 https://accounts.google.com/SignUp?hl=ja, GoogleカレンダーAPIキーの取得のため、ログイン後に以下のページにアクセスします。 This API reference is organized by resource type. Watch for changes to CalendarList resources. https://godoc.org/google.golang.org/api/calendar/v3#pkg-constants, いちいち考えるのが面倒なので何でもできそうなCalendarScopeにします。 For Freebusy Resource details, see the resource representation page. 本エントリは、「情シスSlack Advent Calendar 2019#2」の14日目に登録されています。 今年もアドベントカレンダーの季節がやってきました。 カレンダーと言えば、みなさん大好きなカレンダーがもうひとつありますよね。 そう、Googleカレンダー…! という訳で今回はGoogleカレンダーネタにしました。 https://console.developers.google.com/start. 下記もご参考になれば幸いです。 Cloud Messaging. parameters (learn more). Deletes a secondary calendar. カレンダー同期・連携サービスを使って自爆した人にオススメです。. --> まあ、大体どんなものがあるかを把握するだけでいいと思います。, quickstart.go をカスタマイズして、今回やりたいことである重複したイベントを削除する機能を追加していきます。 Returns the color definitions for calendars and events. https://console.developers.google.com/start, すると、以下のような画面になります。 必要なものは、, 以上、Google Calendar APIのOAuth認証による接続でした。 Creates an event based on a simple text string. Service accounts created on or after March 2, 2020 are only able to invite guests using domain-wide delegation of authority . main() の中の、イベント取得の部分に注目しています。, イベントに対してできることは、API ドキュメントの https://godoc.org/google.golang.org/api/calendar/v3#EventsService を参照すると、大体どんなものがあるかわかると思います。 Array fields, if specified, overwrite the existing arrays; this discards any previous array elements. Use calendars.clear for clearing all events on primary calendars. By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole, By "stocking" the articles you like, you can search right away. 営業日や定休日を表示するカレンダーの無料ダウンロード, 昔は成人の日は「1月15日」だったのが今は「1月の第2月曜日」であったり、昔は4月29日は「みどりの日」だったのが今は「昭和の日」であったりと、祝日というのは法律の制定によってたまに変更されることがあります。, そのような変更があるたびに上記のような既存のプログラムを修正するのは面倒なため、どこかのWebサービスが提供している「祝日配信システム」のようなものを利用し、それをプログラムに適用する形を採るのです。, そうすればそのWebサービスが存続している限りは、プログラム側の修正が必要なくなるため、大変便利です。, そのWebサービスの1つがGoogleカレンダーであり、そのデータ取得のために必要な認証キーが「GoogleカレンダーのAPIキー」となります。, GoogleカレンダーAPIキーの取得には、Googleアカウントが必要になります。, Googleアカウントを1つ持っておくと、Googleマップで場所をお気に入り登録できたり、スマホなどでは容量無制限のGoogleフォトアプリが使えたりと、何かと便利です。 Create and manage events and calendars for Google Calendar. Fields that you don’t specify in the request remain unchanged. がしかし、最初は制限なしで設定しておき、プログラムが正常動作するのを確認したうえで制限をかけると無難でしょう。 いつもながら初心者向けです。Google Calendar API を初めて触ったので、備忘メモでまとめます。 Learn how to create events using the Google Calendar API, giving your users a better experience. 今年もアドベントカレンダーの季節がやってきました。カレンダーと言えば、みなさん大好きなカレンダーがもうひとつありますよね。, Googleカレンダー、便利ですよね。ただ、個人的に不満を感じている仕様がひとつあります。それは、「"予定作成時のゲストの変更権限"がデフォルトでOFF」ということ。, そのため、大半のユーザーは予定作成時に「予定を変更する」にチェックを入れず、予定の主催者(作成者)しか予定を編集できないようになり、「予定の主催者が不在なので、会議室や時間の変更ができない!」といった事態が起きがちです。ガルーンなど他のスケジューラでは、デフォルトで同席者が編集権限を持っていることが多いので、初めて使う方は戸惑うことが多いかもしれません。, 実は個々のカレンダー設定で、デフォルトのゲスト権限の設定を変更できるので、「予定を変更する」にチェックを入れておけば、毎回予定作成時にチェックを入れなくて済むのですが、この設定をしてくれないユーザーもいるので、結局ゲストに変更権限が無い予定が大量に生まれていきます。※組織の設定でこちらを強制的にONにできればいいんですが、現状ではできないとのサポートの回答でした。, ゲストの編集権限が無い予定が増えてくると、「休職に入る前に、特定の予定だけ主催者を変更しておきたい」「主催者が急に行方不明になって…」といったように、大量の予定を一括で変更したいケースも出てきます。管理コンソールで全予定の一括譲渡も可能ですが、部分的な譲渡はできないので、管理者が手でポチポチ変更していく必要があり、地味に対応が大変です。, それではまず、対象のカレンダーの予定を出力するGASを作成します。以下の画像のようなスプレッドシートを作成し、「イベント一覧取得」というシート名をつけておいてください。, 続いて、「ツール」→「スクリプトエディタ」を開き、以下のコードを貼り付けてください。※イベント更新用の関数は後ほど追記します, そのままスクリプトエディタの「リソース」→「Googleの拡張サービス」を開き、「Calendar API」をONにして保存します。, スクリプトを保存し、スプレッドシートをいったん閉じてから再度開いてください。「カレンダーID」に対象者のカレンダーID(一般ユーザーの場合はメールアドレスと同一)をセットし、「GAS実行」→「イベント取得」を実行すると、対象ユーザーの予定の一覧がスプレッドシートに出力されます。初回実行時は権限リクエスト画面が表示されますので、実行するアカウントを選択して許可してください。, なお、スクリプトを実行するには「カレンダーの管理」のG Suite権限が必要になりますので、適切な権限を持つユーザーで実行してください。, ずらずらーっと予定の一覧が出力されるはずです。細かい解説はコード内のコメントで記載していますが、基本的に「Google Calendar API」の"Events: list"を呼び出しているだけです。ポイントは"singleEvents: false"を指定すること。これを指定しないと、繰り返し予定がすべて独立した予定として出力されてしまい、APIでの取得数の上限である2500レコードを埋め尽くしてしまいます。(Googleカレンダーの繰り返し予定は終了日が必須ではないので、エンドレスに続きます)ただし"singleEvents: false"を指定するとなぜか"orderBy"が使用できなくなるという謎の仕様なので、ソートはJS側で実装しています。, サンプルのスプレッドシートの列にある情報以外にも取得できるプロパティは沢山ありますので、以下のリファレンスを参考にカスタマイズしてみてください。, 繰り返し予定を出力した場合、「繰り返し条件(recurrence)」に"RRULE~"という文字列が入ってきます。これはRFC5545で定義されているiCalendarの繰り返し条件(Recurrence)の表記です。詳細な説明は省きますが、"RRULE~"という文字列がセットされている予定は「繰り返し予定の大元の予定」だと認識しておけば大丈夫です。逆に「繰り返し予定ID(recurringEventId)」に予定IDがセットされている場合は、「繰り返し予定の中から編集して単独の予定として出力された予定」のレコードとなります。, なお、カレンダー管理権限を持つユーザーで実行すると、対象のユーザーの非公開予定も出力されてしまうので、情報の取り扱いには注意しましょう。, 続いて、複数の予定のプロパティを一括変更するGASを書き足します。今回は「ゲストの予定編集権限(guestsCanModify)をONにする」というサンプルコードにしました。もちろん他のプロパティを変更することも可能なので、お好みにカスタマイズしちゃってください。(特権管理者であれば、主催者を強制的に変更するなんてこともできちゃいます), 先ほど作成したスプレッドシートに、「イベント更新」という名前の新しいシートを追加し、以下のような列を用意します。, 「対象カレンダーID」は予定取得の時と同じように、対象者のカレンダーID(一般ユーザーの場合はメールアドレスと同一)を、「対象イベントID」には更新対象のイベントIDをセットします。イベントIDは先述の予定取得GASで取得した値をそのままコピペするのがいいでしょう。「実行結果」は空欄のままにしておいてください。, スプレッドシートに戻り、「GAS実行」→「イベント更新」を実行すると、対象の予定が上から順に更新されていきます。, 今回はCalendar APIの"Events: patch"を使用して、対象のイベントのプロパティを更新しています。"Events: update"も用意されていますが、patchの方が必要最小限の更新で済むらしいです。実際に違いを試した訳ではないですが…, なお、繰り返し予定を対象にした場合、大元の予定を変更するとそれを元にしているすべての繰り返し予定のプロパティが変更されます。繰り返し予定のうちの特定のイベントのみを変更したい場合は、あらかじめ繰り返し予定の中の予定を編集し、別レコードとして出力された予定を対象にする必要があります。, 今回のサンプルGASをカスタマイズすれば、Googleカレンダーのイベントの様々なプロパティを一括で変更できます。イベントの構造を理解するのが少し大変ですが、リファレンスに説明もありますので、お好みのGASにカスタマイズして快適なGoogleカレンダーライフを送ってください。, 明日は引き続き「情シスSlack Advent Calendar 2019#1」の15日目で2枚抜きにチャレンジです。, //orderBy: "startTime", //"orderBy"は"singleEvents"がtrueでないと使用できない, //まれに予定ではないレコードが含まれるので、"htmlLink"が存在しないレコードはスキップする, //終日予定の場合は"event.start.date"を、通常の予定の場合は"event.start.dateTime"を保持している. 安室奈美恵 イッテq 指輪, 韓国 兵役 芸能人 2021, 埼京線 川越行き 大宮, ドコモ マイショップ 変更 デメリット, トラックパッド 反応しない Windows10, 菊乃井 おせち 東急, ローカルエリア接続 表示されない Windows10, Chrome 画面サイズ 確認, 500円 プレゼント 中学生, パワーディレクター Mp3 出力, 収入保障保険 受取人 子供, Keynote アンダーライン 色, Windows10 Sdカード 差し込み口, 肉の万世 クーポン コロナ, 東京 から大阪 夜行バス, Dbd クロスプレイ フレンド検索 できない, 参考書 たくさん買って しまう, インスタ グラム 写真のアクセス許可, インスタストーリー Url コピー, 卵不使用 ケーキ 通販, 自転車 シフトレバー 交換, 焼肉用 フライパン 焼き方, 志望動機 コミュニケーション 事務, ローポリ モデリング コツ, キャンプ チェア 2020, エクセル 実行時エラー 1004 Range, " />

googleカレンダー api リファレンス 7

`

%s %s
`, ` For Events Resource details, see the resource representation page. Developers.IO | [iOS][Objective-C] Google Calendar API で予定を書き込んでみる, Developers.IO | [iOS][Objective-C] Google Calendar API で予定を書き込んでみる, 「API Manager」ダッシュボードが表示され、有効なAPIが確認できます。使用しないAPIは無効化しておいても良さそうです。, 「認証情報」の「OAth同意画面」で「ユーザーに表示するサービス名」を設定します。この設定がないとOAuth認証ができません。, 「クライアントIDの作成」画面でアプリケーションの種類「その他」を選択し、名前を入力。, クレデンシャルを取得します。「test-hanse」をクリック→ 「JSONをダウンロード」をクリックすると、json形式でダウンロードができます。, クレデンシャルをローカルに落としたら、サンプルコードに使用するために、「client_secret.json」にリネームしておきます。, quickstart.pyを実行すると、以下の出力がされます。同時に、開いているブラウザでアクセス要求画面が表示されます。このとき、自分の操作したいアカウントであるかどうかを確認してください。Chromeなどで複数アカウントを開いている場合は、直近に操作していたブラウザのアカウントにアクセスされるようです。, 「許可」をすると、このアカウントへのOAuth認証によるアクセスが可能となります。. Returns events on the specified calendar. What is going on with this article? Each resource type has one or more data representations and one or more methods. Why can’t today’s apps do that for you automatically? For Acl Resource details, see the resource representation page. Updates an access control rule. changes an event's organizer. Stop watching resources through this channel. Google Calendar API Copyright © 2006-2020 FIRSTSTEP All Rights Reserved. (7:14), Creating events is great, but even more powerful is the ability to modify existing events. ついでに、アプリとしての体を成すようにしていきます。, こんな関数を用意して、*calendar.Eventを文字列にするようにしました。, 重複した場合でも優先して残すべき条件がある場合は、map[string]([]*calendar.Event) のようにしておくと、後で処理がしやすいでしょう。, ここまでで srv.Events.List() を使ってきましたが、削除は srv.Events.Delete() を使います。, List() の場合と同様、Delete() で条件を指定して、最後に Do() を呼び出します。, ただし、これだけでは削除できません。 これです→ https://godoc.org/google.golang.org/api/calendar/v3#Events, ただ、属性値自体が struct だったりして、たどっていくとキリがありません。 まずは、これをもとにして、自分のカレンダーのイベントを一覧表示するところまでやってみます。, なにはともあれ、Google のサービスにプログラムからアクセスするための情報を取得します。 その際に必要になる認証キーがAPIキーです。, 今回取得する「GoogleカレンダーのAPIキー」が何のために必要かといいますと、例えば以下のページで無料配布しているカレンダープログラムの場合、初期状態のままでは祝日は赤字で表示されません。 持っていない方はこれを機に取得しておいても損はありません。, Googleアカウントの取得は以下からどうぞ。 だからキーの制限をする必要がないかもしれません。, もしこれがPHPファイルではなくJavaScriptファイルに記述する方式だったら、他人から見ることができてしまうことになりますので、「キーの制限」はしておくほうが無難ということになります。, 参考までに、このサイト上で無料配布しているカレンダープログラムに「祝日自動設定アドオン」を追加したサンプルを置いておきます。, この「祝日自動設定アドオン」を使用する際に、このページで解説したGoogleカレンダーAPIキーが必要になります。, 祝日を自動設定してあるカレンダーのサンプル Google Calendar API リファレンス, リファレンスを読んでpythonサンプルの動作確認をしてみます。 %s APIキーをコピーしておき、「キーを制限」をクリックして設定を終了します。, キーの制限を設定しておかないと、今回のAPIキーが外部に漏れた場合、第三者に自由に使われてしまいます。 Help us understand the problem. Analytics. Faster. This method supports patch semantics. Stay up-to-date on developing for Google Workspace, Ask questions with the google-calendar tag, Download a client library for your preferred language, Sign up for the Google Developers newsletter, URIs relative to https://www.googleapis.com/calendar/v3, unless otherwise noted. You can use the calendar provider to integrate with Calendar. Each resource type has one or more data representations and one or more methods. Acl CalendarList Calendars Channels Colors Events Freebusy Settings Acl For Acl Resource details, see the resource representation page. Returns the rules in the access control list for the calendar. Search the world's information, including webpages, images, videos and more. Updates an existing calendar on the user's calendar list. Google Search 7 Google Sheets API 3 Google Sign-In 12 Google Slides API 5 Google Summer of Code 1 Google Tag Manager 1 Google Trust Services 2 Google マップ 4 Google+ 2 Googleapps 10 GoogleGames 1 GoogleI/O 28 GoogleLabs 1 GooglePlay 3 GoogleTV 1 Gradle 1 gRPC 2 GTUG 5 GWT 2 hack4jp 2 hackathon 7 Hangouts Chat 2 Hosting 3 HTML5 17 HTML5Rocks 1 It doesn't have to be like that. アプリの用途を満たす最低限のスコープを指定するようにしてください。, なお、上記のコード変更で承認時に必要な情報が変わっています。 The field values you specify replace the existing values. Stay up-to-date on developing for Google Workspace, Ask questions with the google-calendar tag, Download a client library for your preferred language, Sign up for the Google Developers newsletter. For Calendars Resource details, see the resource representation page. 「名前」の欄は何でもOKです。自分がこの管理画面でわかるように適当に名付けておきましょう。, 「キーの制限」は多少重要です。 Build a better app and leave the operations to us. This method supports patch semantics. `, `cli:"start,s=DATE" help:"defaults to today"`, `cli:"items,n=NUMBER" default:"10" help:"the number of events from --start"`, `cli:"keys,k=LIST_OF_STRINGS" default:"Description,Summary,Start,End" help:"comman-separated keys to test uniquity of events"`, `cli:"calendar-id,id" default:"primary"`, `cli:"credentials,c=FILE_NAME" default:"./credentials.json" help:"your client configuration file from Google Developer Console"`, `cli:"token,t=FILE_NAME" default:"./token.json" help:"file path to read/write retrieved token"`, // 文字列で表現できないデフォルト値は *cmd.Init() の中で代入。gli が勝手に呼び出す。, `uniqal --credential=./my_credentials.json --items=100 --start=`, Qiita Jobsで転職すると、お祝い金30万円がもらえるキャンペーンを実施中!, https://developers.google.com/calendar/quickstart/go, https://godoc.org/google.golang.org/api/calendar/v3#EventsService, https://godoc.org/google.golang.org/api/calendar/v3#Events, https://godoc.org/google.golang.org/api/calendar/v3#pkg-constants, 複数の属性を連結できる形に加工したい (連結して単一のキーにすると重複チェックが楽), 反対に、「特定の属性値を持つイベントを抽出する」ことは不要なので、人間が入力する手間は考えなくて良い, you can read useful information later efficiently. 今までのトークンは使えませんので、ファイル token.json は削除し、再度承認をします。, サンプル quickstart.go の getTokenFromWeb() の実装を変更します。, これは非常に簡単で、外部のパッケージ github.com/pkg/browser を使うだけでした。, 承認ページのURLは変数 authURL に格納されていますので、それを引数に上記パッケージの関数を呼び出します。, 承認の流れで(OAuth2)、アクセスコードを含むリクエストを受け取るためのリダイレクトURLを指定することができます。, 今回はこの仕組みを使い、Google の承認ページからアプリがサーブするサイトにリダイレクトさせます。, 当然ながら、これだけでは動作しません。 This method supports patch semantics. 個人的には、自分の作った gli というパッケージが死ぬほど使いやすいので使っています。, ビルドした上で、自前の credentials.json を配置すれば使えるようになります。 APIを利用することで、他のWebアプリと機能を連携させることができるのです。 「APIとは何か?」がわからなくても問題ありません。 https://accounts.google.com/SignUp?hl=ja, GoogleカレンダーAPIキーの取得のため、ログイン後に以下のページにアクセスします。 This API reference is organized by resource type. Watch for changes to CalendarList resources. https://godoc.org/google.golang.org/api/calendar/v3#pkg-constants, いちいち考えるのが面倒なので何でもできそうなCalendarScopeにします。 For Freebusy Resource details, see the resource representation page. 本エントリは、「情シスSlack Advent Calendar 2019#2」の14日目に登録されています。 今年もアドベントカレンダーの季節がやってきました。 カレンダーと言えば、みなさん大好きなカレンダーがもうひとつありますよね。 そう、Googleカレンダー…! という訳で今回はGoogleカレンダーネタにしました。 https://console.developers.google.com/start. 下記もご参考になれば幸いです。 Cloud Messaging. parameters (learn more). Deletes a secondary calendar. カレンダー同期・連携サービスを使って自爆した人にオススメです。. --> まあ、大体どんなものがあるかを把握するだけでいいと思います。, quickstart.go をカスタマイズして、今回やりたいことである重複したイベントを削除する機能を追加していきます。 Returns the color definitions for calendars and events. https://console.developers.google.com/start, すると、以下のような画面になります。 必要なものは、, 以上、Google Calendar APIのOAuth認証による接続でした。 Creates an event based on a simple text string. Service accounts created on or after March 2, 2020 are only able to invite guests using domain-wide delegation of authority . main() の中の、イベント取得の部分に注目しています。, イベントに対してできることは、API ドキュメントの https://godoc.org/google.golang.org/api/calendar/v3#EventsService を参照すると、大体どんなものがあるかわかると思います。 Array fields, if specified, overwrite the existing arrays; this discards any previous array elements. Use calendars.clear for clearing all events on primary calendars. By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole, By "stocking" the articles you like, you can search right away. 営業日や定休日を表示するカレンダーの無料ダウンロード, 昔は成人の日は「1月15日」だったのが今は「1月の第2月曜日」であったり、昔は4月29日は「みどりの日」だったのが今は「昭和の日」であったりと、祝日というのは法律の制定によってたまに変更されることがあります。, そのような変更があるたびに上記のような既存のプログラムを修正するのは面倒なため、どこかのWebサービスが提供している「祝日配信システム」のようなものを利用し、それをプログラムに適用する形を採るのです。, そうすればそのWebサービスが存続している限りは、プログラム側の修正が必要なくなるため、大変便利です。, そのWebサービスの1つがGoogleカレンダーであり、そのデータ取得のために必要な認証キーが「GoogleカレンダーのAPIキー」となります。, GoogleカレンダーAPIキーの取得には、Googleアカウントが必要になります。, Googleアカウントを1つ持っておくと、Googleマップで場所をお気に入り登録できたり、スマホなどでは容量無制限のGoogleフォトアプリが使えたりと、何かと便利です。 Create and manage events and calendars for Google Calendar. Fields that you don’t specify in the request remain unchanged. がしかし、最初は制限なしで設定しておき、プログラムが正常動作するのを確認したうえで制限をかけると無難でしょう。 いつもながら初心者向けです。Google Calendar API を初めて触ったので、備忘メモでまとめます。 Learn how to create events using the Google Calendar API, giving your users a better experience. 今年もアドベントカレンダーの季節がやってきました。カレンダーと言えば、みなさん大好きなカレンダーがもうひとつありますよね。, Googleカレンダー、便利ですよね。ただ、個人的に不満を感じている仕様がひとつあります。それは、「"予定作成時のゲストの変更権限"がデフォルトでOFF」ということ。, そのため、大半のユーザーは予定作成時に「予定を変更する」にチェックを入れず、予定の主催者(作成者)しか予定を編集できないようになり、「予定の主催者が不在なので、会議室や時間の変更ができない!」といった事態が起きがちです。ガルーンなど他のスケジューラでは、デフォルトで同席者が編集権限を持っていることが多いので、初めて使う方は戸惑うことが多いかもしれません。, 実は個々のカレンダー設定で、デフォルトのゲスト権限の設定を変更できるので、「予定を変更する」にチェックを入れておけば、毎回予定作成時にチェックを入れなくて済むのですが、この設定をしてくれないユーザーもいるので、結局ゲストに変更権限が無い予定が大量に生まれていきます。※組織の設定でこちらを強制的にONにできればいいんですが、現状ではできないとのサポートの回答でした。, ゲストの編集権限が無い予定が増えてくると、「休職に入る前に、特定の予定だけ主催者を変更しておきたい」「主催者が急に行方不明になって…」といったように、大量の予定を一括で変更したいケースも出てきます。管理コンソールで全予定の一括譲渡も可能ですが、部分的な譲渡はできないので、管理者が手でポチポチ変更していく必要があり、地味に対応が大変です。, それではまず、対象のカレンダーの予定を出力するGASを作成します。以下の画像のようなスプレッドシートを作成し、「イベント一覧取得」というシート名をつけておいてください。, 続いて、「ツール」→「スクリプトエディタ」を開き、以下のコードを貼り付けてください。※イベント更新用の関数は後ほど追記します, そのままスクリプトエディタの「リソース」→「Googleの拡張サービス」を開き、「Calendar API」をONにして保存します。, スクリプトを保存し、スプレッドシートをいったん閉じてから再度開いてください。「カレンダーID」に対象者のカレンダーID(一般ユーザーの場合はメールアドレスと同一)をセットし、「GAS実行」→「イベント取得」を実行すると、対象ユーザーの予定の一覧がスプレッドシートに出力されます。初回実行時は権限リクエスト画面が表示されますので、実行するアカウントを選択して許可してください。, なお、スクリプトを実行するには「カレンダーの管理」のG Suite権限が必要になりますので、適切な権限を持つユーザーで実行してください。, ずらずらーっと予定の一覧が出力されるはずです。細かい解説はコード内のコメントで記載していますが、基本的に「Google Calendar API」の"Events: list"を呼び出しているだけです。ポイントは"singleEvents: false"を指定すること。これを指定しないと、繰り返し予定がすべて独立した予定として出力されてしまい、APIでの取得数の上限である2500レコードを埋め尽くしてしまいます。(Googleカレンダーの繰り返し予定は終了日が必須ではないので、エンドレスに続きます)ただし"singleEvents: false"を指定するとなぜか"orderBy"が使用できなくなるという謎の仕様なので、ソートはJS側で実装しています。, サンプルのスプレッドシートの列にある情報以外にも取得できるプロパティは沢山ありますので、以下のリファレンスを参考にカスタマイズしてみてください。, 繰り返し予定を出力した場合、「繰り返し条件(recurrence)」に"RRULE~"という文字列が入ってきます。これはRFC5545で定義されているiCalendarの繰り返し条件(Recurrence)の表記です。詳細な説明は省きますが、"RRULE~"という文字列がセットされている予定は「繰り返し予定の大元の予定」だと認識しておけば大丈夫です。逆に「繰り返し予定ID(recurringEventId)」に予定IDがセットされている場合は、「繰り返し予定の中から編集して単独の予定として出力された予定」のレコードとなります。, なお、カレンダー管理権限を持つユーザーで実行すると、対象のユーザーの非公開予定も出力されてしまうので、情報の取り扱いには注意しましょう。, 続いて、複数の予定のプロパティを一括変更するGASを書き足します。今回は「ゲストの予定編集権限(guestsCanModify)をONにする」というサンプルコードにしました。もちろん他のプロパティを変更することも可能なので、お好みにカスタマイズしちゃってください。(特権管理者であれば、主催者を強制的に変更するなんてこともできちゃいます), 先ほど作成したスプレッドシートに、「イベント更新」という名前の新しいシートを追加し、以下のような列を用意します。, 「対象カレンダーID」は予定取得の時と同じように、対象者のカレンダーID(一般ユーザーの場合はメールアドレスと同一)を、「対象イベントID」には更新対象のイベントIDをセットします。イベントIDは先述の予定取得GASで取得した値をそのままコピペするのがいいでしょう。「実行結果」は空欄のままにしておいてください。, スプレッドシートに戻り、「GAS実行」→「イベント更新」を実行すると、対象の予定が上から順に更新されていきます。, 今回はCalendar APIの"Events: patch"を使用して、対象のイベントのプロパティを更新しています。"Events: update"も用意されていますが、patchの方が必要最小限の更新で済むらしいです。実際に違いを試した訳ではないですが…, なお、繰り返し予定を対象にした場合、大元の予定を変更するとそれを元にしているすべての繰り返し予定のプロパティが変更されます。繰り返し予定のうちの特定のイベントのみを変更したい場合は、あらかじめ繰り返し予定の中の予定を編集し、別レコードとして出力された予定を対象にする必要があります。, 今回のサンプルGASをカスタマイズすれば、Googleカレンダーのイベントの様々なプロパティを一括で変更できます。イベントの構造を理解するのが少し大変ですが、リファレンスに説明もありますので、お好みのGASにカスタマイズして快適なGoogleカレンダーライフを送ってください。, 明日は引き続き「情シスSlack Advent Calendar 2019#1」の15日目で2枚抜きにチャレンジです。, //orderBy: "startTime", //"orderBy"は"singleEvents"がtrueでないと使用できない, //まれに予定ではないレコードが含まれるので、"htmlLink"が存在しないレコードはスキップする, //終日予定の場合は"event.start.date"を、通常の予定の場合は"event.start.dateTime"を保持している.

安室奈美恵 イッテq 指輪, 韓国 兵役 芸能人 2021, 埼京線 川越行き 大宮, ドコモ マイショップ 変更 デメリット, トラックパッド 反応しない Windows10, 菊乃井 おせち 東急, ローカルエリア接続 表示されない Windows10, Chrome 画面サイズ 確認, 500円 プレゼント 中学生, パワーディレクター Mp3 出力, 収入保障保険 受取人 子供, Keynote アンダーライン 色, Windows10 Sdカード 差し込み口, 肉の万世 クーポン コロナ, 東京 から大阪 夜行バス, Dbd クロスプレイ フレンド検索 できない, 参考書 たくさん買って しまう, インスタ グラム 写真のアクセス許可, インスタストーリー Url コピー, 卵不使用 ケーキ 通販, 自転車 シフトレバー 交換, 焼肉用 フライパン 焼き方, 志望動機 コミュニケーション 事務, ローポリ モデリング コツ, キャンプ チェア 2020, エクセル 実行時エラー 1004 Range,